カードローンの契約期間とは

即日融資などのキャッチコピーであちこちに建設されている金融会社。物価が上昇する昨今、カードローンのお世話になった方も多いことでしょう。このカードローン、実は契約期間というものが設けられていることをご存知でしょうか。金利や借り入れ限度額も気になるところではありますが、この契約期間も目を通しておきたいものです。


<通常は気にする要素ではない>

銀行系にしても消費者金融系にしても、契約期間は大体1年から5年あたりが相場です。その期間を境に、契約の更新が判断されます。とはいっても、たいていの人達はそのような制度を知らないかもしれません。それも無理からぬことで、とくに支払いの滞納や大量の借り入れなど、本人の信用状況に問題がなければ、契約期間は自動更新されるからなんです。


<問題発生時には、停止処分も>

もしこれが、何かしらの問題が発生した状態で、そのままカードローンの契約期間終了となったらどうなるのか。この場合には、それぞれの会社で対応は違うものの、ほとんどは新たな借り入れに制限がつくか、最悪利用ができなくなってしまいます。つまり、借りることが一切できず、ただ借金を支払う状況になってしまうということです。計画的に使っていれば大丈夫ですが、一応この契約期間が何年周期なのかは確認しておきましょう。