カードローン審査で有利な条件

カードローン審査では、信用情報と属性に関する情報を用いて審査を行っていきます。信用情報では、これまでの利用履歴が事細かに記録されています。ゆ優良な履歴であれば評価さえますが、返済遅延などの要素は明らかにマイナス要素です。


信用情報の情報保有期間

信用情報機関が管理する情報は永遠に保管される訳ではありません。情報の種類によって保管期間が決められています。お申込み履歴などの情報は6カ月間保有されます。審査を受けて落ちてしまった場合、6カ月は時間を空けた方が無難だと言われるのはこの為です。短期間に複数のカードローンに対するお申込み履歴がある場合、資金繰りに困窮している危険人物とされてしまいます。この状態を「お申込みブラック」です。この状態に陥ってしまうと、属性や返済遅延などの記録がなくても審査に落ちてしまうのです。


審査で有利な条件

カードローン審査で有利な条件は半年以内に申込み履歴が込み合っていない事、過去5年間の間に返済遅延がない事です。この5年間は完済したものも含みます。属性の視点からみる有利な条件は、独身である事、持ち家である事、従業員数の多い会社に長く勤めている事です。しかし、このような属性は簡単に変えられるようなものではありません。最近の傾向としては、収入が多い事に越した事はないですが、それよりも安定性と継続性が求められているようです。