カードローン審査の仕組みはどうなっているのか

カードローンの審査の仕組みを理解しておく事で、審査に向けて効率よく準備を進めていく事ができます。また、審査では過去5年間の情報を持ち出して行われるため、普段から利用法を見直していきたいものです。


カードローン審査の構造

カードローンの審査は銀行系と消費者金融系で異なります。銀行系では、保証会社を立てるためお申込者は2社から審査を受ける事になります。保証会社の審査はおまけ的なものではありません。万が一、申込者が契約中に返済不能になった場合には保証会社が代行して銀行に返済を行う義務があるのです。その代わりに、消費者銀行は債権を持つ事で債務者本人に直接取り立てを行う事ができます。消費者金融の審査は単独で行われます。このような構造がある事から、銀行の審査が消費者金融の審査より甘くなる事はないだろうと言われています。また、銀行の保証会社を担う会社は大手の消費者金融です。


信用情報の情報保管期間

審査は信用情報と属性によって評価されます。信用情報では過去の契約情報や利用情報などが事細かに記録されており、申込情報は半年間、返済遅延などの利用履歴は完済に関係なく5年間保管されます。そのような事を考えると普段からのカード利用にも注意しなければなりません。