本人収入ゼロでもカードローンを利用できる

本人収入ゼロでもカードローンを利用できると聞いて「ギョツ!」としてしまう方は多いかもしれません。収入がないという事は本人の返済能力もゼロという事になります。勿論、このような融資が実行される場合、様々な条件に制限されます。


本人収入ゼロでも融資を受ける事が可能

まず、制限される要素のひとつとして貸金業法の総量規制が挙げられます。この総量規制とは「年収の3分の1以上の借入れがあるものに貸し付けを行ってはいけない」というものです。しかし、この総量規制は消費者金融などの貸金業だけを対象とするものであるので「銀行系カードローン」は制限を受けないという事になります。つまり、収入ゼロでもカードローン融資を受けるには銀行を利用する必要があるという事ですね。


主婦の為のカードローン利用条件

もうひとつの制限される要素、それは「配偶者の収入が一定の条件を満たす場合」です。つまり、法律上で結婚している事。そして、その相手の年収や勤続条件がマッチする場合でないといけないという事です。つまり、主婦か主夫って事ですね。この場合、配偶者の収入証明書の提出は義務になります。また、融資限度額は50万までと高額の融資はうける事はできませんが、無収入でも融資を受ける事ができる事だけでも大きな価値ですよね。