銀行系カードローンのメリット

銀行が行っているカードローンサービスは消費者金融のサービスと比較してかなり異なってきます。それは、総量規制と言う法律の対象に当てはまらないという点です。そのため銀行系は消費者金融系に対して、いくつものメリットを持っているのですね。そのいくつかのメリットをここで確認しておきましょう。


<総量規制を受けない銀行系カードローンのメリット>

総量規制と言う法律は、個人への融資に対してその人の年収の3分の1以上の貸し付けを禁止するという法律となります。この適用を受けないのが銀行系カードローンなのです。銀行系は総量規制の対象を受けないために、かなりの貸付を可能としています。また、年収による制限を受けないために特定の銀行系は専業主婦の方でも借りることが出来るというのも大きなメリットでしょう。年収制限を受けずに借りれること、そして専業主婦であっても借りれることが銀行系のメリットなのです。


<その他の銀行系カードローンのメリット>

銀行系カードローンのメリットはそれだけではありません。消費者金融系と比べて金利も一般的には低いというのも銀行系のメリットなのです。そのため、消費者金系に比べて返済で厳しい局面に遭遇することはあまりありません。